ブログ初心者が陥る3つの罠。あなたの記事が読まれない原因

ブログ運営
Advertisements

いまもんです。

最初の方は仕方がないとは言え、ブログをせっかく書いていてもなかなか見てくれない人が増えてくれないと、少し悲しいですよね・・・。見てくれる人を増やすためにはどうしたらいいのか?今回は成功しているブログを照らし合わせながら説明していきます。

専門用語は極力排除!子供でもわかる文章を作ること

「ペルソナが必要で」「CTRを向上させるためには・・・」と言っても、初めて見た人にとっては

 

なに言っているのかよくわからん( ´∀`)w

 

と感じ、ブログを閉じてしまう原因になってしまいます。せっかくあなたのブログに飛んできたのにすぐに閉じてしまうことにな流のは、避けたいですよね。

 

状況をイメージできる文章を意識する

この書き方は人気ブロガーヨスさんが秀逸。どの記事もタイトルが一般的なサラリーマンの声を代弁しているかのようなタイトルをつけています。

 

例えば、

「早く帰りたいんスけど…会社の会議がムダに長いのって何とかならないの?」

「仕事を辞めたい…と私が思う会社の特徴まとめ」

 

など自分自身の声をタイトルにつけているからこそ、共感が湧いて見にくる人が多くなります。共感できた人の話はもっと詳しく知りたいからブログを読み進めることに繋がります。

 

「ああ!俺も思ってたんだよ!」と思う人が続出するわけです。心を掴んで一気に自分のファンにしてしまうためには、伝えたいターゲットは誰なのか、を意識しておく必要があります。

 

【ヨスさんのブログはこちら】

ヨッセンス | 人生を効率化させよう! 効率化オタク ヨスのブログ
効率化オタクのヨスが運営するブログ【ヨッセンス】です。合わない日本を出て、海外移住を達成するのを目標にしているヨスのブログです。文字入力、効率化、ガジェット、ライフハックについての情報から日本のジェンダーやタバコ問題など幅広く自由に書いています。

 

話し言葉で書くこと

国語や小説など固い文章が好きな方に陥りやすいのが「ちゃんとした文章を書こう!」

と思ってしまうこと。

 

「私はブログの書き方を勉強しようと考えている次第でございます」

とか言われても、頭にスッと入って来づらいですよね。

 

読まれる記事の多くは話し言葉になっていることがほとんど。

話し言葉で書けるかどうかで、受け取り側の意識が、ガラリと変わります。

 

例えば、「愛している」と「愛してる」

一見同じような言葉に聞こえますが、普段ドラマなどでも聞くことがある言葉はどちらでしょうか?

 

「愛してる」ですよね。

 

聴きなれた言葉であると抵抗なくスッと理解することができるのですが、聴きなれていない言葉になると「あれ?こんな言葉だったけ?」と別の方向が気になってしまいます。

 

もちろん、読んでもらいたい世代によってこの言葉遣いは気をつけた方がいいですが、基本的には話し言葉で書いていくとわかりやすい文章が生まれます。

 

記事タイトルからずれない文章を書くこと

ブログ初心者で多いことは、「自分の言いたいこと」を書いてしまい、記事のタイトルと沿っていない内容になってしまうということ。

タイトルと違う話になってたら読む時間が、無駄だったなと思わせてしまう原因になってしまいます。

1つのブログに1テーマ

一気に話したいことを詰めてしまうと、話が飛んでしまい結局何が話したかったの?という状態になってしまいます。

 

例えば、今回の記事のテーマは「ブログ初心者が陥る、読まれないブログの共通点」ということなので、「初心者が陥りがちなミス」と「改善策」の2つだけ提示することを心がけています。

 

ここで、「ブログを上位検索順位の方法」や「ブログデザインのカスタマイズ方法」など別のテーマの話をいれてしまうとごっちゃになってしまいますよね。

 

記事テーマと内容をブラさないためには、たくさんの内容を詰め込みすぎないことです。

 

日常でも、友達との会話が噛み合わないと嫌ですよね。それがブログでも起きてしまっているということ。「起承転結」を意識して書くことが大切です。

 

書いた後にもう一度読み直す

記事の一貫性を保つためにも、書き終わって「よし公開するぞ!」という前に

必ず一度は文章を読み直してください。

 

特に書いて1日寝かした方が冷静に見ることができるので、その場で見ないことをお勧めします。

 

すぐに公開したい!と思ってしまうのであれば、公開してからでもいいので必ず読み返す習慣をつけていきましょう。

 

リズムが単調になっている

どの人気ブロガーも共通していたのは、文章のリズムが一定ではなかったこと。

 

「行数」や「漢字」「語尾」の量を調節して同じ文体にならないように構成されている状態。これがリズムがある文章。

4行以内に行数を抑えること

4行以内が文章を読めるギリギリの行数です。最近はテンポよく読ませるために3行と2行の組み合わせが多いですが、一番多くても4行に抑えることを意識して書いてください。

 

なぜ4行に抑えるのか?下に4行、5行、6行で書いた文章を並べていきます。

 

4行ver

今日は数学を勉強しようと思います。数学が苦手だったのでまずは基礎の部分から始めていきます。30分からは国語の勉強をやろうかなとも考えています。今日は数学を勉強しようと思います。数学が苦手だったのでまずは基礎の部分から始めていきます。30分からは国語の勉強をやろうかなとも考えています。今日は数学を勉強しようと思います。

 

5行ver

今日は数学を勉強しようと思います。数学が苦手だったのでまずは基礎の部分から始めていきます。30分からは国語の勉強をやろうかなとも考えています。今日は数学を勉強しようと思います。数学が苦手だったのでまずは基礎の部分から始めていきます。30分からは国語の勉強をやろうかなとも考えています。今日は数学を勉強しようと思います。数学が苦手だったのでまずは基礎の部分から始めていきます。これから英語も勉強しなくてはならないと思うと憂鬱です。

 

6行ver

今日は数学を勉強しようと思います。数学が苦手だったのでまずは基礎の部分から始めていきます。30分からは国語の勉強をやろうかなとも考えています。今日は数学を勉強しようと思います。数学が苦手だったのでまずは基礎の部分から始めていきます。30分からは国語の勉強をやろうかなとも考えています。今日は数学を勉強しようと思います。数学が苦手だったのでまずは基礎の部分から始めていきます。30分からは国語の勉強をやろうかなとも考えています。今日は数学を勉強しようと思います。数学が苦手だったのでまずは基礎の部分から始めていきます。

 

比較してみてどうでしたか?4行以降になると文字数が多くなって読む気力が失せてきませんでしたか(笑)?

行数が多すぎると重たいテンポになってしまい、次に進むのが億劫になってしまいます。行数は減らして読みやすいリズムを作っていくことが大切です。

漢字は出来るだけ少なくする

漢字を多用してしまうと、わかりにくい文章になってしまいがちだからです。4字熟語とかまさに典型。

例えば

「今日の作業は画竜点睛を欠いてしまった」

 

・・・「画竜点睛を欠く」ってなんだったけ?

 

と、別に対して重要なところではないところで読むのをストップされてしまう可能性もあります。

 

「薔薇の庭は美園だが、仙人掌もまた良い。」

 

仙人掌はサボテンと読みますが、多くの方は知らないですよね?一般的だとカタカナですよね!?

全ての字を漢字にするのではなく、読みやすい文章を意識するために小学校6年生で習うぐらいの漢字を使っていくと良いと思います。

 

語尾は同じものを使わない

「昨日は魚を食べました。今日は納豆を食べました」

同じ語尾だとなんのアクセントもなく単調に感じてしまいます。語尾は繰り返すのではなく、毎回買えるようにしていくことが大切です。

 

文体が面白い!と人気なのは「今日からヒトデ祭りだ!」

文章のリズムがとても読みやすく、自分の意見もしっかり伝えているので読むのが全く苦痛に感じないブログです。

hitodeblog|完全初心者のためのブログの始め方
ブログの始め方完全解説!完全に何もわからない初心者でも、ブログを始められ、楽しめるようになるサイトです。 図解や画像、動画たっぷりで、楽しみながら稼げるブログの作り方をブログ収入で生活してる筆者が0から教えます。

 

まとめ:小学6年生がわかる文章を書くこと

わかりやすい文章を書くときに意識して欲しいのは、小学生がわかるぐらいのレベルにまで落とすこと。知識の少ない小さい子でもわかる文章であれば他の人でも必ず読みやすい文章になっています。

 

 

いまもん

ブロガー。いまもんが運営する「新しいこと・好きなことを探す」ためのブログ《手抜きプロ》運営。趣味は健康とおつまみとネットサーフィン。

いまもんをフォローする
ブログ運営働き方改革
Advertisements
いまもんをフォローする
手抜きプロ

コメント