あなたの夢を反対する人たちを蹴散らす3つの方法

人生とは
Advertisements

いまもんです。

何か新しいことやりたいな〜って思った時、必ずと言ってもあなたを邪魔してくる人っていますよね。

 

「あの歳で始めるのって遅くない?」

「そんなのリスク高いよ!」

「無理に決まってるじゃん!!!」

 

・・・うるさい(怒)

関連画像

 

あなたの夢をことごとく反対してくる人って、もちろんあなたを心配してのことなのですが、

それは老婆心からくるものであなたの足を引っ張ってしまっていることに、彼ら自身気が付いていません。

 

自分の意思を貫いてこの人たちを撥ね付ける方法はないのだろうか・・・私は日々考えていました。結果3つの方法が効果を得たので紹介します。 

 

「なぜやるのか?」の理由を明確にすること

私は結構人の言いなりになりやすく、誘われたネットワークも義理で入ってしまうお人好しでした。入会金16万もするのにぽんって出しちゃうただの馬鹿でした。

 

入ったネットワークは美容品関係のものだったため、毎月使いきれない量の化粧品などが家に届きます。親には内緒で登録をしたのですが、物は実家に届くので親はカンカンに怒りました。

親は私に詰め寄りました。「なんでこんなものに入ったんだ!?」と。

けれども私は答えられなかったのです。

当時お金に余裕がなく「お金持ちになるにはネットワークだ!」と思っていたため、理由もなく入ってしまったため、親を納得させるための理由がありませんでした。

結局このネットワークはクーリングオフをし事なきを得ましたが、何事も始めるときは自分自身のやる「理由」が明確でないと反対する人に対して説得することができないと感じました。

 

自分と同じ考えの環境に行ってしまう

そもそも反対してくる人たちは、あなたがやりたい!と思っているものの環境だったり、どうしてそのような結果に至ったのかを知りません。

 

あなたが説明したら5分の1ぐらいは理解してくれるかもしれませんが、完全にあなたの考えを理解できるかといったら無理です。

 

説得してあなたの環境が変われるのであれば、それはそれでいいのですが、その説得は本当にあなたにとって必要なことなのでしょうか?

 

説得したことによってあなたのやりたいことに通じてくるのでしょうか?

だったら、説得しないであなたの考えを応援してくれる人たちの元に行ってしまった方が早いです。

 

先に実績を出してから伝える

成果を出されている上で「〇〇をやりたい」と語るのは大いに応援されやすいです。反対される理由としての主な理由は「実績がないから」

 

結果が出ていないのに大それたことを言うな!って考えているのです。だったら一人でできるところまでやって成果を出した上で宣言すれば、周りも納得してくれます。更に有言実行したんだな、って思われるので、「信用」が生まれます。

 

自分ならやれるぞ!と思わせるイメージづくりが肝心ですね。

 

まとめ:自分の道は自分で作る

この問題にぶつかってきたのは、何もあなただけではありません。昔の人も同じことを体験してきました。

 

「相田みつを 道」の画像検索結果

「道

道はじぶんでつくる

道は自分でひらく

人のつくったものは

自分の道にはならない」

これは相田みつをさんの詩です。

 

自分自身の道を作っていくためには自分自身が道を作らなくてはならない。

他の人の真似をしていても前には進めない、と。

 

時代は違えど、皆同じ境遇を体験しているけれども、乗り越えられる問題である、

ということをこの詩では伝えているのだと思います。

 

大丈夫、あなただけが苦しんでいるのではないから。

「なんでわかってくれないんだ!」て意固地になるのではなくて、

ふうっと息をついて周りを見てみましょう。

 

そうしたら、きっとあなたの今抱えている問題も、一人じゃないんだなって感じるはず。

いまもん

ブロガー。いまもんが運営する「新しいこと・好きなことを探す」ためのブログ《手抜きプロ》運営。趣味は健康とおつまみとネットサーフィン。

いまもんをフォローする
人生とは仕事について
Advertisements
いまもんをフォローする
手抜きプロ

コメント