自信が生まれる長所(短所)の見つけ方。あなたの周りが全て知っている。

仕事について
Advertisements

 

こんにちは!

 

パラレルワーカーのいまもんです。

 

あなたは自分の長所は何?と答えられた時

すぐにパッと答えられますか。

 

私は就活の時によく聞かれていたので、

とりあえずありきたりな事を答えていました。

 

あなたの長所を教えてください。

私の長所は活発的なところです

こんな感じで模範的な回答をしていました。

長所を考えるに当たって、ネットの「適職診断」も使いましたし、

友人から「私ってどういう人?」って聞き回りました。

 

この長所がわかると「自分がやりたくない事」が分かります。

ストレスがかかりやすい原因が判明します。

 

私も自分の長所と合わない職場で働いてしまったがために

半年で会社とミスマッチを起こしてしまいました。

 

どこで何をするにも、自分自身の長所を知っておく事はとても大切だと思います。

 

という事で、今回は長所の探し方について書いて見ようと思います。

 

自分の長所は他人がよく知っている

 

想像してみてください。

私たちは「自分」回数と「他人」をみている回数、どちらが多いと思いますか。

 

自分を見るためには鏡が必要ですよね。

もちろん自分自身が行動する前の考えなど

目に見えない心の動きなどは自分しか感じられないと思いますが、

 

実際の接し方や言動を一番みているのは、

あなたを見ている「他人」です。

 

あなたが知っている以上のことを、あなたが普段接している人は知っています。

まずはその人に長所を聞いてみてください。

以外にも「あ、こういう風に思われていたんだ」というものが長所になったりします。

 

私の場合は、「楽しいと思ったこと以外やらない」ということを、

最近知りました。

 

それも友達に言われて、気が付いたのです。

 

元々食いっぱぐれないだろうと思って就職の会社でSEになろうと考えていました。

でも実際やってみたら向いていないのを知りました。(3日で飽きました)でも、リモートワークだったり色々な場所で仕事をしたいのであれば、SEを目指すべきだ・・・!

 

なんて粋がっていたのですが、結局内定をもらっていざ働くという意識が芽生えた時に「ここに就職したくない!」と気づきました。

 

ああ、自分にあっていなかったんだな・・・と。

 

今は全然SEとは違う会社で働いています(笑)

だって、楽しいんだもの。

 

ブログを作ってみたのも、自分自身が出来そうだし面白そうだなって思ったから。

じゃないと長続きしません。

 

分析してくれるツールを使う

 

昨今は便利なもので自分を分析できるツールがたくさん出来ています。

無料も有料もたくさん有りますが、私が実際にやってみてオススメだと思ったものを紹介します。

 

ストレングスファインダー

 

これは知り合いの経営者の人が「やっておきなよ!」て言われた本。

複数の質問を答えると自分の5つの強みが出てきます。

本に全て解説が載っているので、自分の長所をどうやって伸ばしていけばいいのかが分かります。

長所を知っていくと生きていくのが楽になる

 

自分ができることは何なのか、

苦手なことは何なのか。

 

これを知っておくことで自分にあった生き方を選択することができると思う。

 

何も就職だけではない。

 

ネットが普及した世の中食べていくためだけのお金集めなら、

色々な手法があると思います。

 

現に私の知り合いの二人はフリーランス。

一人は根っからのフリーランス。一度も会社に就職したことはありません。

 

もう一人は途中まで会社員で働いて、起業したタイプ。

 

その他ブロガーで食べていく人もヨガの先生で並みの会社員以上稼いでいる人を、私は知っている。

 

でもその選択をするためには、まず自分の長所(適所)を知っておくことが必要だと思います。

 

これを機に自分の長所を考えるきっかけにしてみませんか?

いまもん

ブロガー。いまもんが運営する「新しいこと・好きなことを探す」ためのブログ《手抜きプロ》運営。趣味は健康とおつまみとネットサーフィン。

いまもんをフォローする
仕事について働き方改革
Advertisements
いまもんをフォローする
手抜きプロ

コメント