親の意見をそのまま信じると痛い目に合うから気をつけろ。

Advertisements

いまもんです。

「あなたのことを思って」と思った親の言葉、そのまま信じていませんか?

 

私も小さい頃は親の言うことは絶対と思っていました。

自分が何を感じるのか、どうしたいのかよりも

親の言葉を信じれば間違いない、と思って育ってきました。

 

でも、親の言葉を鵜呑みにすればするほど、私の心は病んでいきました。

 

私は、何もできない。

私が何かやると失敗するから、全部親が変わってほしい。

とずっと思ってきたのです。

なぜ親は口出ししてくるのか

親がなぜ忠告してくるのかわかります。

  • 心配だから
  • 自分が子供を管理して安心を得たいから
  • まだ子供だと思っている

結局は自分の子供だから手助けしたいという親心が働いているから、

つい余計にアドバイスしたり

つい代わりに洋服を買ってきたりコーディネートしたり

してしまうんですよね。

 

やってしまう側としては、「あなたのために」と言う言葉を掲げて

なんでもやろうとしますが、それは当事者にとっては嫌がらせと一緒なわけです。

 

全てに親が介入してくることによって

自分の意思を全部捻じ曲げられてしまいます。

自分が時間をかけて考えた答えも、

 

「お前のは親の言う通りにしてれば良い」って

一蹴してしまうのです。

親が言う安定は、安定じゃない。

親は神様ではなのでしょうか?

いいえ、神様ではありません。

この先のことなんてちっとも見えてやしないんです。

 

今も年金は刻一刻と減っています。

年金がもらえるから老後が安定だった時代も、もう終わりました。

 

安定的に働ける時代はもうとっくに終わりました。

正社員なのに、手取り14万の人なんてざらにいます。

時給1000円のアルバイトでさえ月16万超えます。

 

給料はアルバイトの方が正社員より高いのです。

正社員は、本当に安定でしょうか?

 

長年働いていても、給料が上がらない会社はたくさんあります。

ひと昔前はボーナスがたくさん出ていたけれども、今はごく一握り。

 

親が言う安定は、親の時代に築き上げられた時の常識であって、

今の常識ではないのです。

 

常識は刻一刻と変わっています。

新しい常識に対応できていない人の言うことなんて聞いていても、

なんの意味があるのでしょうか。

お金を自分で稼ぐことに対して思考停止になってはだめ

お金を稼ぐことは1日8時間行くこと以外の働き方が今、増えています。

けれども古い慣習に染み付いた親の意見は

「会社に入って働けばあとは年金が工面してくれる」でした。

 

私たちの時代はこのまま人口バランスが崩れなければ年金がもらえないのは確実。

 

だからこそ、自分でお金を稼ぐ必要があるんです。

 

けれども、今までお金についても何も学んで来なかった。学校だってお金の増やし方なんて教えてくれなかった。

けれども、これからはとても重要になってくるんです。

 

投資だってブログでの広告収入だって、色々な可能性がある。

先を知らない親に言われたままを生きているだけだと、気がついたらもう手遅れだった、なんてことも確実にありえる。

 

けれども今まで親に言われた通りにしていたから

いざ自分で考える力を養おうとしても難しいと言う人に、

やってほしいことがあります。

親の意見を鵜呑みにしないには

親の意見を信じてしまわないようにするために、

親に言われたことをそのまま友達に相談してみてください。

 

第3者からの目線で見るとおかしなことばかりあるのがわかってきます。

私自身も、この方法で救われました。

 

親が介入しないところで客観的に見た時、あなたが感じたもの。

これがあなたの考えになります。

 

この考えをどんなに親に言われても大切にしていくことが大切です。

 

いまもん

ブロガー。いまもんが運営する「新しいこと・好きなことを探す」ためのブログ《手抜きプロ》運営。趣味は健康とおつまみとネットサーフィン。

いまもんをフォローする
人生とは
Advertisements
いまもんをフォローする
手抜きプロ

コメント